2009年12月19日 (土)

故郷の山 その二

 関東平野では山はほとんど見えないと書いたが、富士山もみえるし、筑波山も見える。
 江戸には富士信仰があったが、江戸に集まる地方出身者にとっては、どこか見て心の安らぐ山が欲しかったのではないか。
 江戸っ子の条件は「金のしゃちほこをにらみ、上水の水を産湯につかう」のである。富士ではなく、近くの金のしゃちほこを見るところ(江戸城の本丸は早い時期からないが)に、地方出身者との違いを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

故郷の山 その一

 書いてほったらかしにしていた記事を載せます。

 東京二十三区出身の人には、ピンと来ない話かもしれないが、関東平野のように平地が続いて、山がほとんど見えない地域は日本では少ない。
 たいていは故郷の山というべき山々が見える。
 私は長崎で生まれ育った。長崎は極端に平地の少ないところである。山があって、わずかな平地があって、もう海である。諫早ていどの平地でも、格段にめずらしい。
 大阪で長く過ごした母は、長崎は閉鎖的閉鎖的とつねづね言う。たしかに、山と海に囲まれたわずかな土地が世界のすべてといった生き方をしている人も多い。
 その一方で、世界が狭すぎるために、山の向こうには何かがあるはず、海の向こうには何かがあるはずと、外の世界に目を向けて育った人も多いと思う。かくいう私がそうである。
 
 妻は熊本出身だが、熊本のよくないところは、平地が多くて、海か山で隔てられるところまで、あるていど見通せることである。ちょうど、見えるところまでを手に入れられそうなのである。(よくいえば)独立的な熊本人の気質はそこから生じるような気がする。

 昨年仕事の都合で総武線で千葉方面へ行くことが多かった。
 江戸川を渡るとき、ちょうど和洋女子大学の建物が見えるあたりに、国府台城趾があることを知った。
 国府台城は、歴史上の国府台合戦の城でもあるが、里見八犬伝の対関東管領戦にも登場する城である。
 江戸川を渡るたびに、目の前の景色と、脳内で展開する八犬伝の軍兵らが二重写しになり、心がわき立った。線路が高架なので、目の前は平地に大河である。

 馬琴は深川に生まれ育った。深川からは江戸初期に廃城になった国府台城がよく見えたはずである。八犬伝の対関東管領戦は、三国志を下敷きにすることもあって、日本の小説としては、珍しく壮大な合戦場面が描かれる。馬琴が平地で生まれ育ったからこそ、そういった場面が書けたのだと思う。
 馬琴にとって、見慣れた国府台城とその前の平地や川に、軍隊を展開させることなど、難しくなかったはずである。馬琴が猫の額のような土地に生まれ育ったのであれば、もう少しせせこましい合戦場面になったのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

奇妙な日記の終焉とウェブの今後

2006年5月から2009年11月末日まで、GREEに日記を書いていました。純粋な個人用でして、閲覧できるのは友人Aひとりでした。もともとmixiに誘われたのですが、いまいちだと感じていたところ、GREEを勧められました。
私は日記をつける習慣がなくて、GREEも最初は「いわでもの記」に書けなかったことを備忘として書いたり、ちょっとした感想をAに語りかける感じで書いていたのですが、一年のうちに純粋な日記に変わっていきました。

一人とはいえ、誰かが読んでいるというバランスがよかったです。おおっぴらには人に言えないことが書けるものの、露悪的なことや泣き言は控えめになり、日々の記録として機能しました。何年前の車検や修理でいくら払ったなどの金銭の出納や、移動の所要時間、あるいは家族が病気した際にその予兆がいつからはじまったのか、など見返して役に立つ記録が蓄積されました。
単純にハードディスクのフォルダに入れておくより、ブラウザで閲覧できるのが便利でして、いわゆるクラウドコンピュータらしい使い方ができました。

ところがGREEは十一月から新しいシステムがはじまり、とうとう十二月には日時指定の日記投稿ができなくなったり、素早い過去日記の閲覧ができなくなりました。
私のような使い方ではアクセス数が増えるわけでもなく、無料で使用する私はむしろGREEにとって有害なわけで、はじき出されるのは当然です。
十二月に入って退会しました。
過去の日記はいちおう保存しましたし、恨む気持ちよりも、今まで無料で使わせてもらったことへの感謝が大きいです。

ただ、ずっと期待していた日記の検索機能がつかなかったことはもとより、退会にコメントを含めたバックアップ機能がなかったことから、GREEという会社の志が知れました。よいしょするわけではないですが、ココログはコメント込みでバックアップがとれますし、データをもって他のブログに引っ越すことができるようになっています。

日記サイトはいくらでもあるのですが、Aだけが見るというシステムは組み込めませんので、日記はやめることにしました。
なんだかんだいって、Aには不快なことも多く書きました。脳科学をつかって人間関係や仕事をうまくすすめる本を薦められたこともあります。Aには感謝です。

さて、ココログに戻って新しい記事をバリバリ書くかというと、そういう気分でもありません。
日記をやめてからストレスが貯まってきたのか、いいたいことはたくさんあるのですが、それこそ「いわでも」のことです。
むしろ「いわでもの記」を消去したい気持ちが七割ほどあります。
しかし、こんなブログでもアクセス数がそれなりにあるのです(過去四ヶ月で平均73)。ほとんどの人は検索サイトをたどってから来た人で、ちらっと見て、「あっ、失敗した」と思ってバックするだけでしょう。アクセス数も本当は定期的にクロールする検索エンジンが増やしているだけなのかもしれません。
でも、コメントのついた記事もありますし、いちおう世間に発表したことを簡単にとりさげるのは、少々やましいのです。

失敗したと思うのは、「いわでもの記」が個人的な感慨を公表するつもりではじめたのに、アクセスがあるのは、スポーツや将棋といった趣味の記事や学問に関する記事だったことです。
ここのところ、実名で学問的なブログを書く人が国文学の世界にも増えました。
個人の過去について述べたブログ、趣味のブログ、実名の学問のブログと分けてやるべきだったのでしょう。
中途半端なものばかり集まってしまいました。

気分としては、全消去に傾いていますが、どうするか、まだ悩むだけ悩むことにします。

それにしても、ブログという道具が出てきて、次はSNSという仕組みが出てきて、ついにはTwitterですか。小説と俳句の関係を考えるとわかりますが、発表の文字数が少なくなればなるほど、参加の人数は増えます。アクセス数を増やすだけなら、文字数を減らすことはよい手だと思います。
ただし、アクセス数が増えて、トラフィックの総数が増えても質が比例するわけではありません。
ざっと見たところ、まさしく「つぶやき」であって、「話しにならない」感じがします。
つぶやきたい気持ちもわかるのですが、常につぶやいている人はあやしい人であって、普通のブログとかけあわさないと、キキメが薄いと思います。

ウェブに関してはデザイン(機能的な意味合いで)の変更に流されるばかり。ながれながれてどこにいくのか。ちっともわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

箸をおとすほどでは

 『三国志演義』第二十一回で、曹操が劉備とともに英雄を論ずる場面がある。劉備が袁術、袁紹をはじめ、各地の群雄の名をあげるものの、曹操はことごとくとるに足らないと評したうえで、「当今、天下の英雄と申せるのは、それ、貴公と、このわしじゃよ」(立間祥介訳)と述べた。劉備はその一言で箸を取り落とすものの、ちょうど鳴った雷のせいにして、曹操の気をそらせた。

 十代の頃に読んだときは、曹操という英雄が劉備という英雄についてちゃんと知っていることを示すよいエピソードだと思った。
 しかし、三十代もなかばになって読み返すと、まったく違った感想しか得られない。

 いま読むと、曹操が劉備に語ったのはまったくのリップサービスであり、真に受けるのはどうかしているとしか思えない。

 私はたいした人物ではないので、他人からもたいした評価は得ていない。それでも、ごくまれに評価するお言葉を目上の人からいただくことがある。若い頃は、欣喜雀躍して、これからも頑張ろうと素直に思っていた。
 ところが、自分の人生をふりかえってみると、あのときのほめ言葉はお世辞だったかと思う場合がほとんどである。かつて喜んだ以上にがっかりする。

 あまり後ろ向きに考えてもしょうがないので、期待の割には、自分の努力が足りなかったと考えるのがよいのだろう。

 なにはともあれ、他人に決して空世辞を言うまいと心がけている。

追記(2008.06.27):高島俊男『お言葉ですが……』別巻一(連合出版。2008.05)で知ったのですが、もとは『資治通鑑』にあるエピソードのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

口約束の世界に生きているので

ひと月前ほど、ウイルスセキュリティ会社のS社から、ソフトNについての自動更新のお知らせがきた。ほうっておくと、ソフトの使用が自動更新されて、お金はクレジット会社から自動引き落としされるらしい。
すでにNの使用はやめて、プロバイダー会社のセキュリティソフトに変えていたので、メールにあるURLをたどって、停止の手続きをした。

ところが、S社から自動延長をおこなって、クレジット会社に請求の手続きをしたとのメールが来た。
仰天して、前に来たメールを読み返すと、
メールには「自動延長(▲▲・オンゴーイングプロテクションというらしい)をとめるURL」と、「『再ダウンロード保証サービスの期限自動延長』をとめるURL」があって、私がとめたのは後者だけだったのであった。

あわててS社のサポートセンターに電話したが、いまさらどうしようもなく、S社のソフトを使ってくださいとのことだった。

5985円の損失である。

はらわたが煮えくりかえって、またぞろこのブログに文句を書こうかと思ったものの、先日A社に腹を立てたばかりであるし(2008.1.08の記事)、メールをよく読んでいなかった自分が悪いものと思って(少なくともこの記事を匿名にすることで)我慢することにした。

S社としては、ウィルス対策ソフトが期限切れで勝手に止まっては悪かろうとの親切心でそういった仕様にしているのだろう。
だが、ネットで検索したところ、私同様に意志に反して更新されて、泣き目を見た人も少なからずいるようである。

S社の件といい、A社の件といい、契約書をよく読まずに失敗するのはなぜかと考えてみると、ひごろ口約束の世界に生きているからだと思い至った。
今年度も相変わらずの非常勤暮らしだが、非常勤先の口が今年度からひとつ増えた。非常勤だが、その口はもちろんのこと、今の今まで非常勤をはじめる際に、賃金をはじめ、契約らしい契約をしたことがない。辞令はもらうことがあっても、契約が書いてあるわけではない。
採用にあたって、労働条件や賃金報酬を書いた契約書を抜きにして、働いているのである。

本の出版もそう。なんとなく約束して、やっている。執筆料とか印税とか、ある場合もあるが、出るまでよく知らされない。契約書などない。もっとも、執筆料や印税がまったく入らない場合は、通知だけはしっかりくる。
しめきりもいちおうはあるが破った場合の罰則など、あるのかないのかわからない。締め切りが守れなかったことは多々あるので、その点は助かっているのかもしれない。

私がちゃんとした会社につとめていたりすれば、すべてのことに契約書を要求し、また手元にくる文書にぬかりなく目を通して、損をするようなことはないのだろう。
さいきん、商社出身の方が主催するセミナーで定期的に講師をしている。まず最初に、ちゃんと契約書を渡されたので、とても気持ちがよかった。

私は今後も口約束の世界に生きていくはずである。それで、どれだけ損をするのだろうとふと考えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

そりゃ1-Click詐欺ですよ、アマゾンさん

アマゾンで「お急ぎ便」を注文することも多いので、新年二日に、3900円を払って、アマゾンプライム会員になりました。
私の住んでいる埼玉では、当日夜に届きます。届く時間はだいたい決まっていて、着時指定できないアマゾンで、着時指定の効果があるところも便利でした。

六日午前二時頃に、1-Clickで注文した品の確認メールが来ました。ざっと見て、なにかがおかしい。よくよく見ると「通常便」になっています。
プライム指定外の本が入ると、お急ぎ便にならないので、全点確認すると、全部プライム指定。
じゃあ、なんで「お急ぎ便」にならないのさ、と思ってヘルプを調べると、1-Clickの設定を「お急ぎ便」に変更する必要があったと判明しました。

あわてて、注文を変更あるいはキャンセルしようとすると、「この商品は配送準備に入っているため、キャンセルや変更はできません。」とのこと。
たしかに、「まもなく発送されます」とあるものの、発送は翌日の七日。

「お急ぎ便」なら六日に届いたはずの本が、七日発送でそれから八日~十日の着になるとは。私の経験からすると、着くのは九日……。
そんなら、七日に都内に出るからそのときジュンク堂で買えばよかった……。

そりゃ、プライム会員になった際に、規定を熟読していなかった私が悪いのですが、

会員になったときにもらったメールの中身は、下記の通り。

いつもAmazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

Amazonプライムの会員登録手続きが完了しました。有効期限は2008/12/31です。Amazonプライムの対象商品は、追加料金なしでお急ぎ便でお届けします。また、お急ぎ便が使えない商品は、通常配送(無料)でお届けします。

Amazonプライムの会員は、家族のメンバー2人に登録案内を送信し、会員特典を共有することができます。登録案内を受け取られたご家族の方がAmazonプライムに登録する場合、本人確認のため、ご自身の誕生日と招待者の誕生日を入力する必要があります。会員特典の招待とキャンセルは「アカウントサービス」の「Amazonプライム会員の管理」ページで行うことができます。

http://www.amazon.co.jp/your-account

  また、携帯電話でご注文される場合も、Amazonプライムの特典をご利用いただけます。 携帯電話からアクセスできるURLは「http://amazon.jp」です。

  携帯電話からのご利用について詳細は、以下のリンクからご確認ください。

  http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642956

Amazonプライムの詳細については、ヘルプページをご覧ください。

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200145680

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

Amazon.co.jp カスタマーサービス
http://www.amazon.co.jp

うーんこれじゃねえ。1-Click詐欺ですよ、アマゾンさん。
1-Clickでまとめて注文したら、遅いのに引きずられて、全然発送されなかったというのはよく聞きます。
アマゾンプライム会員になった人で、私のような失敗をしている人もけっこういるのではないかと思います。

なんか、こういう失敗を誘発する仕様のような気がするのは、ひがみでしょうか。

今回の件は、もらったメールからヘルプページに飛んで、一番下に書いてある1-Clickの注意書きを読まなかった私の責任ですし、腹を立てるのも筋違いとはわかっています。
でも、読みたい本がお預けになることへの苛立ち(ひらがなより感じが雰囲気でますね)は、わかってくれる人もいるのではないかと思い、ストレス発散のために書きました。

うーん、自分のせいとはいえ、悔しい。

なお、明らかにスパムトラックバックがつくであろうことと、励ましのコメントはまったくないだろうと予測して、トラックバックとコメントは、この記事に限って受け付けない設定にしています。

|

2007年10月12日 (金)

鍵付き冷蔵庫

 売っているのを見たことないが、あればいいのにと思うのは、鍵付き冷蔵庫。
 ダイエットの役に立つと思うのだが。また、子どもが勝手にあけて甘いものを盗み食いするのも防げるはずである。また、冷蔵庫にお金を隠す人が多いと聞くが(泥棒は必ず探すらしいが)、金庫としても使える。
 とはいうものの、子どもにごはんを食わない虐待に使われそうで、やめているのかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日)

兄弟と兄弟愛

 親の立場からすれば子どもは多ければ多いほどよい。その方が幸せである。だが、子ども同士にとって、兄弟が多いことは幸せとは限らない。兄弟が四五人ぐらいになると、仲の良い悪いが必ずでてくる。源平なり、戦国武将なりを見ればよくわかるように、兄弟喧嘩が殺し合いにまで発展することは珍しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

返信のマナーは

 文系(私の関係する国文学)でほぼ暗黙の了解となっているメールのマナーに、メールを返信する際に、前のメールの文章は消すこと、題名を「Re:(前のまんまの題名)」にしないことがある。
 野口悠紀雄も、自分の文章が返信の文章と一緒に載っていたり、同じ題名で返ってくるのは気持ちが悪いといったことを本に書いていた。

 だが、理系ではそうではないと察している。
 理系の友人とメールのやりとりを複数すると、そのつど前のメールの文章が増えていくが、いちいちそれまでのメールを探して見返さなくてよいので楽である。それに、件名が変わってしまうと、何のメールだかわからなくなることも多い。美意識に問題がなければ、複数人とのやりとりが、複数回になればなればなるほど、メーラーの返信機能を使って、題名や前の文章に手をつけないほうが便利といえる。

 そういうわけで、国文学関係のメールではどちらで返信すべきか、いつも悩む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

靴底でとまっていたわけ

 停止前の記事が「靴底」(2007年6月6日)でした。
 この記事でやめようと思ってやめたのではなく、この記事の後に続きをのせるひまがなくて、結果的に「靴底」で止まっていました。まだ、記事の在庫はありました。中途半端な内容で、やめますよという意志をはっきり出した記事を書いておけばよかったと、そのあとひと月からひと月半ほどは思っていました。
 しかし、その記事でよかったのではないかと今では思っています。
 きちんと歩いているようで、意外と偏っていたことを暗に示していて、今の自分にふさわしいかと思いました。

 なお、靴はティ○バーランド(広告よけに一字伏せ)の一万五千円ほどの靴を買いました。はきごこちがよくて満足しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧