2008年7月12日 (土)

キャパシティの問題

 学生時代に、Hというコント劇団とつきあいがあった。
 H劇団は若い女性に人気があって、けっこうな動員力があった。一回の公演で、千人は行かなかったと思うが、六、七百人ぐらいは集めたのではないだろうか。
 しかし、H劇団はほぼ100~120人の劇場しかつかわず、観客はつねにぎゅうぎゅう詰めで見ていた。
 不自然な体勢でみるのは、つらく、観客にとってありがたいことではない。
 だが、H劇団がこの混み混みの状態をわざと作っていたのは間違いない。

 鴻上尚史は、地方のホールが一千、二千人収容の大ホールしかないことを嘆き、二百人ぐらいの小ホールを作ればいいのにと、述べた。
 地元の劇団が二百人の劇場をいっぱいにすれば大成功だが、二千人のホールに二百人しか集められなければ大失敗だからという理屈である。

 近所で老人を集めて健康器具を売っているセミナーの教室をそとから見ると、空き席がないようにしている。空き席があると、聴衆の気が散漫になって、「催眠」にかけにくいと思っているのではないか。

 Hという劇団も聴衆を混み混みの状態におくことで、聴衆の気持ちを昂揚させやすくしたのだろう。

 このように芝居をうつものにとって、劇場の収容数は大きな意味を持つが、それは教員にとっての授業もあてはまる。

 受講者が二十人だとして、それが百人入る教室でやっているのか、二十五人入る教室でやっているのかで、やりやすさは大きく違う。
 大学の授業は、たいていの場合、広い教室をつかいすぎである。
 収容できない場合を想定して広い教室を使うのだろうが、だだっぴろい教室で、学生がうしろを中心にバラバラ座っているようではやりにくい。

 授業の内容を決めるのに匹敵するほど、教室選びは重要だと私は思う。
 にもかかわらず、選択権がまったくないのが普通である。

 先日、とてもいい講義を聴講させていただいたが、ちょっと教室が広すぎではないか思ったので、ここに記す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

覚えさせる派

 まわりをうかがってみると、高校の古典の教員は、昔の和歌や文章を暗記させる派と、とくに覚えなくてよいとする派にわかれるらしい。
 覚えさせる派が多いようだが、私も覚えさせる派である。
 高校の国語の授業など、たとえば一年経てば、授業で何を読んだかなど、ほぼ忘れてしまう(とくに現代国語)。高校を卒業して一年経てば、教員の名前すら覚えていない可能性が高い。
 しかし、十代の記憶力旺盛な若者に、古典の和歌や文章を暗記させれば、それは一生覚えていられる。
 いろいろなものが朽ち果てても、それが残るのである。
 それこそ、当人にとっての宝石である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

ゴジセイ

 私にとって、昨年の大きな出来事といえば、なんとか博士号を取得したことです。
 持っていて、役に立つような立たないようなという状況ですが、ひとくぎりがついたという感じは、取得後かなりあとになって、じわじわ出てきました。
 鑑札というわけではないものの、持っていて悪い気はしないものです。
 とはいうものの、私を取り巻く状況はあいかわらず厳しく、年賀状には、「なんとか博士号を取得しましたが、それだけでは厳しいご時勢のようです」と不景気な文句を書きました。
 これがすぐあとになって「ご時勢」ではなく「ご時世」が正しいと気づいたものの、後の祭り。
 読んだ人は、いやいやご時世ではなく、あなたの能力の問題だよと思ったでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月31日 (土)

一本指打法

 私はローマ字入力をするが、知り合いの国文学研究者では、かな入力の人も少なくない。タイプはもちろんローマ字入力が早いが、かなで考えるべきところをローマ字にするのに耐えられないという意見が多い。
 また、キーボードをみながら、ゆっくり打鍵する(一本指の人もいる)ぐらいがちょうど思考の速度にあっているという人もいる。
 理系でコンピューターによく携わっている人は、しばしば指先が見えない早さで打鍵する。思考の速度に比べれば、いくら早く打鍵しようと、遅いに決まっているので、そこは問題がないと思う。
 だが、キーボードを使えば簡単に文章ができるために、それを使うと表現が冗漫になりやすい。ゆっくりゆっくり指を運べば、私もひきしまった文章が書けるようになるのかもしれない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

凡例の大事

 中野三敏『写楽』(中公新書、2007.2)は、『江戸方角分』の翻字で中野が「写楽斉」としたことに、大沢まことが「写楽斎」と翻字すべきだと反論を述べたことを記す(190頁)。
 昨日、述べたように、号は「斉」ではなく「斎」で翻字すべきである。「伊藤一刀斉」や「宮本無二斉」はおかしい。号が「斉」で書かれていれば、私でも奇異に感じる。
 中野は、『江戸方角分』は原文がそうなっているのだと反論した(192頁)。

 『江戸方角分』翻刻(東京風俗会、昭和52・7)の凡例を確認すると、「翻印に当っては、つとめて原本に忠実になるように心がけた。」とある。なんでも原文どおりという翻刻方針を私は好きではないのだが、そういう選択もたしかにある。凡例で断わってあるなら、「写楽斉」であっても、非難の対象にはあたらない。

 凡例は重要である。調べ物の際は、急いでいるので、読み飛ばしそうになるが、確認しておかないと大変なことになる。

 岩波古典大系『浮世草子集』は、読者の便をはかって、仮名に宛漢字を行い、もとの字は〔〕でふりがなにしている。なお、難しい字には()でふりがながつけてある。
 おかげで読みやすくなったのだが、なにせ昭和41年の出版なので、今ではなおす必要がない字まで漢字になっている。

 「とありける故」の「故〔ゆへ〕」、「此時に至って已に」の「已〔すで〕」など、枚挙にいとまがない。

 かつて、ある浮世草子作者の用字法を調べたことがあった。『浮世草子集』の翻刻方針に気づかずに、資料を引き写し、あとから気づいて、調べ直しとなった。

補記:中野三敏『写楽』のいうとおり、阿波の能役者斎藤十郎兵衛で写楽は決まりでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

一斉

 大先生(私の先生の先生)から翻字(くずし字を今の字にする)の仕事をいただいたことがある。江戸期のある地方俳人の旅行記なのだが、「一斉」という字が出てきて困った。文脈上、「いちどき」の「いっせい」にも、号の「一斎」にも、どちらにもとれるからである。「斉」と「斎」はほんらい別字である。ならば字の通り「斉」と思うかもしれないが、昔の人も「斎」の略字として「斉」を使った。

 大先生にどちらでしょうかと尋ねると、「その時代に(いっせいにの意味で)「一斉」という用(字)法はありません」と、辞書も見らずにきっぱりとおっしゃった。私は戦慄した。用例があるという証明に比べて、用例がないという証明は数段難しい。容易に言い切れるものではない。

 うちに帰って、辞書をひいたところ、日本国語大辞典第一版は、『西国立志編』を用例にあげる。角川古語大辞典ではそもそも立項しておらず、CD-ROMの全文語句検索にかけると、やっと二例。

「一斉{いちどき}に来てはのびて悪し、又とぎれて箸を休めては食へねえ。順々によく渡らねえでは否{いや}だ」〔古今百馬鹿・下〕

「近世楊弓を好む者、都鄙を界せず、貴賤を論ぜず、一斉に以てこれを翫と為す」〔楊弓射礼蓬矢抄・総序〕

 『楊弓射礼蓬矢抄』は貞享四年刊と前期のもの。後期の三馬の滑稽本『古今百馬鹿』(文化十一)は、使っていても「いちどき」とよませる。
 あることはあるのだが、使われていないという判断はほぼ正しい。もともと『荘子』にも見える言葉だが、明治期に入って、軍隊用語と関連して、「一斉」が普及したのではないかと推測する。
 大先生の件で、博識とはなにか、思い知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

論文のコピー

 「年を取ったと思うのは、家に帰ってから、今日コピーした資料を読む気力がなくなったことですよ」とは、四年ほど前に、団塊世代の某先生がもらした述懐である。
 若いときには、今日コピーした資料をうちに持って帰って読むのが楽しみだった。それが、まあ明日でいいかなと思うようになったというのである。
 私と言えば、論文や資料をコピーしただけで安心し、読むのはずっと先ということがほとんどで、某先生の言葉に深く反省した。
 ここ二年ほど、コピーする前に論文や資料を読むことにしている。理由のひとつは、家に帰ってからのほうが、読む時間がないから。もうひとつは、自分の気持ちができるだけ対象にむいているときに、内容を頭に入れたいからである。
 論文のコピーだが、以前は内容別に封筒に入れていた。今では、ある程度まとまったものをジャンルに関係なく、綴じることにした。簡易製本できるときは、してしまう。そのほうが、散佚しにくい。論文コピーの困るところは、どこにいったかわからなくなることである。しょうがないので、もう一度コピーする羽目におちいりやすい。
 時期ごとに綴じて大きな束にしておくと、自分がそのテーマに関心を持っていた時期さえわかれば、簡単に見つかる。時系列を重視した整理法の応用である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

WhyHow補足2

 2007.3.16「Why思考とHow思考」の補足その二です。

 Why思考、というかWhy志向の学者といえば茂木健一郎だろう。茂木健一郎がとりあつかう脳におけるクオリアの問題は、今の研究水準ではどうやっても解決しようがない。どうやったら解決できるのかわからないまま問題提起するところが、もはや心の領域と、うさんくさがられるゆえんなのだろう。
 Howが具体的に見えてこないと、科学とは認知されにくい。

 その一方で、設問しなければ、その問題が解ける可能性はないのであって、未来の解決を見込んで、問題にとりあげることは、理に適っている。

 茂木健一郎は、NHKの番組「プロフェッショナル ー仕事の流儀」の「キャスター」(公式番組紹介HPにあった名称)である。番組内で、茂木はゲストの意見に相づちをうち、わかりやすく解釈しなおしたものを、一般視聴者の代表であろう女性アシスタントに聞かせる。茂木の立場が「キャスター」であるのはそのためである。

 だが、この番組こそ、茂木のためにある。Why思考の学者である茂木が、おのれに欠けているHowを探し求める、「茂木健一郎の自分探し」が「プロフェッショナル」の本当のテーマである。

補記:いちおう書いておくと、これも戯文です。「自分探し」という言葉が嫌いで、そもそも「自分探し」で見つかる「自分」なんてあるもんか、というのが私の基本的な態度です。
にもかかわらず、それは自分探しなのだと書いたのが、私にとってのお遊びです。見つかるものか、という皮肉があるかどうかは、もはや読み手に任せます。
Wikipedia(2007.3.19)だと、茂木健一郎と住吉美紀の扱いはともに「パーソナリティー」。住吉は、取材、ディレクターも兼ねるようです。NHKは人の育て方が上手ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

WhyHow補足1

 2007.3.16「Why思考とHow思考」で国文学の研究と英米文学の研究を比較した。
 そこでいう国文学は、私が専門とする近世文学が念頭にある。
 近代文学の研究者は、英米文学と同様に、なぜ研究するかに気を遣う。テクスト論、記号論でいくのか、カルスタかポスコロか、それともフェミなのか、ある研究手法をなぜ選んだか、自覚していないと、やっていけない。

 誤解のないように書いておくが、研究が社会と無関係であることは、必ずしも悪いことではない。優れた漱石研究者だった小森陽一は、さいきんではすっかり政治に関心を移してしまった。これは、小森個人の資質の問題ではなく、「誠実」に文学研究をやっていると、文学から離れて、そういった方向にむかってしまう危険性があることを示す。
 社会のことにまじめに向き合えば向き合うほど、のんびり「文学する」ことから離れていく。文学は、政治学や社会学の下僕ではないはずであるが。

 十年ほど前、定年間際だった近代文学のN先生が、いまの日本では文学を研究するさいに政治のことを考えなくていいが、そういったことは、時代的にも地域的にもめずらしいことなんだぞ、と学生に教え諭したことを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

Why思考とHow思考

 アメリカではなにをするにしても「Why?」(なぜそれをやるのだ)と聞かれた。日本では、「Why?」をとばして、「How?」にすぐいってしまう。とは、ここ二年ほどアメリカの研究所にいて、さいきん日本に帰ってきた友人の弁である。

 アメリカにいるうちに、Why思考に染まってしまったため、日本での、Whyはいいから、どうやるのかそれをはっきりさせてよ(How?)、という要求についていけず、戸惑っているらしい。

 さいきん英米文学の学術誌を読む機会があった。考証にきびしい国文学と比べると、ざっくりした研究だなと思う反面、どのような立場でどの手法で研究するかにとても気をつかっていると感じた。まず、立脚点はどこのなのかを問われる英米での文学研究は、それだけ社会と密接な関係にあるといえる。

 国文学だと、研究手法や対象はさまざまだが、なんでそんな研究しているのというご挨拶はない。もちろん、文学史で軽く見られているものより、重く見られているものを研究するほうが、評価される。だが、なぜそれを扱ったかなど、口をはさむのは、よけいなことと思われている。ただ、学問として科学的検証・論証がなされているかが問題にされる。ひたすら学問的な精緻さ(よくいえば。悪く言えば、些末なこと)を巧みに追究すること、すなわちHowが評価の対象である。

 英米文学はWhyも視野に入れておかねばならないので、英米文学は政治的な言説の荒波をうけやすい。国文学は社会状況と関わりが少ないので、やりたいことに専念できるという点はよい。そのかわり、社会からおいてけぼりをくって、見向きもされない危険性がある(そして、その危険はほぼ現実のものとなった)。

 国文学では、指導教員がじぶんのうけもちの学生の研究対象を一方的に決めてしまうことはない。何をやっても学生の勝手とされる。

 さいきん、アメリカ出身の国文学者が、自分の指導する学生の研究対象を、自分の専門分野に近いものに変えてしまうことを知った。その学者の学問的な名声やすぐれた人柄はよく知っているので、国文学的な「美徳」に反する、そのぞっとする行為との矛盾を不思議に思っていた。

 How?を重視すれば、対象はなんでもいいはずである。How?よりさきにWhy?がくる学問を教えているなら、学生の専門分野を変えてしまっても、当然のことかとなっとくした。

 さて、友人の話をふりだしに、我が身の研究にひきつけて、あらあら現状を分析したのだが、Why思考とHow思考のハザマカンイチとなって煩悶している友人に対して適切な助言ができずに困っている。

 会社組織はチームワークが大事、郷に入っては郷に従えと、How思考に戻すか、アメリカで身につけた思考法が無駄にならないようにと、Whyがわかってもらえるまで説得し続けるか、そのどちらかだろう。

 自分のやりたいようにやるしかないだろう、と言うしかないのだが、これもWhyを自分の好き嫌いにまかせてきた、Why思考を軽視している人間の返事なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧