« 2008年7月 | トップページ | 2009年12月 »

2008年9月12日 (金)

Dahon Metro購入記

<もともとたった一人しか「友だち」のいないSNSの日記用に書いていたのですが、長くなったのと、購入の参考にする人がいるのではないかと思って、ブログに載せることにしました。文体がふらふらしているのはそのせいです>

先日、量販店やホームセンターではなくて、きちんとしたサイクルショップへ。

折りたたみの自転車を探していることを告げるとDAHONの自転車を勧められる。
まあ、このあたりは予想済みというか、外から見えるように飾ってあるし、DAHONの取扱店の一つに上げられていたので、そうなるだろうと。

Mu P8ぐらい買おう、もっと高いの勧められたら考えちゃうぞ(場合によっては買う)と気合いを入れてお金をおろしてきたのだが、店主が勧めるのは一番下のランクのMetro。まあそうだろう。自転車ほぼ素人の中年男が幼稚園年中組の息子(16インチタイヤ)とサイクリングにたまの週末に行くだけなら、いい自転車はいらない。埼玉に点在するサイクリングコースを走る予定だし、そもそもスピードを出す必要がない。

Mu P8とMetroの違いは、

Mu P8がハンドル回しの八段変速に対し、Metroは六段でレバーとボタン。

Mu P8のほうがチェーンリング(こぐとこの輪っか)が大きめ。

Mu P8が厚みのあるグリップに対し、Metroは普通のグリップ(ただし、Metroも同じようなグリップに取り替え可能だと言われた)。

Mu P8にはMetroにある泥よけがない(追加は可能らしい)。

Mu P8だけの特徴といえば、たたんだときに最後に磁石でくっつく。サドルがちょっと高級そう。ハンドル角度が簡単にいじれる。胴体折りたたみ部分のヒンジにカバーがついている。ボトルケースがつけやすくなっている。前輪がクイックリリース。シートポストが空気入れになっている。

定価(税抜き)はMetroが三万二千五百円。Mu P8が八万五千円。五万二千五百円の差でそうなる。

Mu P8は、マウンテンバイクかロードバイクをすでに持っていて、自転車について素人ではない人向けという感じ。クイックリリース、シートポンプがあるということは、少なくともパンクぐらい自分でほいほい直せますよという人向けの仕様。
これから勉強するし、長持ちするように上級版を買えばいいかなというのは、私が若かったころの発想。とりあえずの用途にかなうもののうち、いちばんリーズナブルなものを選ぶというのが家庭人の選択。

カメラとかパソコンとかもそうだが、素人客にハイスペックなものを売りつけようとしないお店は信用がいく。
素直にMetroにしておく。
店主は、そういった使い方だと家族全員が(折りたたみ)自転車を持つことになるというし、そこまで自転車の趣味が続くなら私が上等なのに乗り換えて、Metroを妻に譲ればいいかと。

迷ったのは色。他の車種はほぼ選べない(MuP8の現品は白かぎりだった)が最下位のMetroは(最大七色)選べる。暗い系をまず選択から外し(なお、黒はホコリが目立つらしい)、赤はあまりにありきたりだからやめ、意外と見栄えのするクラウドホワイトと、店主おすすめのマンゴーオレンジで迷う(店主は白の方が、靴底のゴム跡がつきやすいといったけど、それは変わらんのではないか。ついたときに目立つかどうかの差だろうし、白とオレンジならどっちも目立つだろう)。なお、ポリッシュは在庫がなかった。

マンゴーオレンジはけっこういい色。キラキラ光っているので濃いめのゴールドといってもいいかも。ちょっと派手で恥ずかしいかもと思ったのだが、オレンジのほうが事故に遭いにくいかもしれないと思ってそれにする。
本当に遭いにくいかは知らない。祈ろう。まあ、物事を決めるには理由付が必要ということで。
値引きがあって、税込みで三万二千円弱ほど。

必需品だけど高かったのが、付属品。ライトに三千六百円。鍵二つに三千円弱。ヘルメットに一万円超。全部、店主お薦めの品にした。

そんなにスピードが出る車種でもないし、サイクリングロードでの使用を想定しているので、ヘルメットがなくてもよかったのだが、息子に示しがつかないし、将来的に普通の車道も走りたいし、そもそも私は埼玉の自動車運転手というのをまったく信用していない(見た感じ一時停止を守る確率が三割ほどだし)ので、買った(なくてもよくないじゃん)。

とりあえず、自転車で駐車場(近所のスーパー)まで戻って、ヘルメット類をおいて、周辺をサイクリング。

やっぱり自転車っていいね。昔から好きだよ。車の百倍好きだ。自由に止まれるのがいい。自分で動かしているなってのもいい。加速していく感じがたまらない。知人のスポーツカーに同乗させて貰ったときに車でも加速感のよさがあると知ったけど、スポーツカーなどに乗らなくてもいいのがいい。
天気もいいので小一時間ほどそとを流す。

操縦性は軽快。見た目はやや不安定だけどふらついたりしない。以前持っていた、16インチで壱万円しない折りたたみ自転車は乗りにくかった。
最高速度はいまちょっと早く走っているなあという程度。三変速ママチャリの一番重いギアでめいっぱいこぐほうが早いだろう(もちろん同じ人間がこぐとして)。
タイヤ径がちいさいせいか段差はけっこうくる。
レバーを引くと、ギアが軽くなり、ボタンを押すと重くなるというのが、直感(というかギアつきママチャリでの経験)と逆で、ちょっととまどう。ギア表示番号が大きい方が重いギアで、小さいほうが軽いギアというのも、なんか逆のような気がするけどなあ。

たたむのは簡単。ハンドルを下に倒すのに力がいるが(店主は楽々動かしていたのでコツがあるのだろう)、ネットで調べたところどうやら個体差があるらしい。私のは固いのだということ。

スタンドが車体中央左にあって使いやすい。後輪片側式に比べて安定が違う。ただ、たたむときにあげるのを忘れがち(慣れていないから)

ステーションワゴンに平積みするとけっこう面積をとる。息子の自転車と乗せる時は一工夫がいりそう。DAHONだけで積むなら、たたんで立てておけば横並びで三つはいけそう。

夜になって、たたみ方のマニュアルをあらためて見ていると、ペダルがたためないことに気づく。たためるペダルが標準装備なはずなのに、まさか安いの取り付けられたの?、あの誠実そうな店主がねえ、電話した方がいいのかなと思いつつ、ネットで調べていると、最近のDAHONはたためないのになったらしい。

理由ははっきりしないが、どうやら消費者センターで、折りたたみ自転車のペダルの脆弱性が問題になったためのようだ。そういやMetroには前面ハンドルに反射板がついていたが、これも本来はないはずで、折りたたみ式自転車の反射板の少なさへの業界の対策らしい。

輪行とかするならたためないペダルはおもいっきり邪魔だけど、車積みならまだ問題なさそう。折りたたみ式は力の伝わり具合や耐久性がともに頼りないようなので、しっかりしたペダルをつけてもらって、結果的によかったはず(これって酸っぱいブドウ?)。
輪行のときにはペダルレンチを買って持って行くか、そのとき折りたたみ式ペダルに変えるかすればいいと思うことにした。

自転車に詳しい人からすれば、Metroなんて安物買いの銭失いと思うのかもしれないけれど、とりあえずは満足。家の中に保管しているので、長く使えそうだし、愛用することにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年12月 »