« 口約束の世界に生きているので | トップページ | 箸をおとすほどでは »

2008年4月26日 (土)

名跡あれこれ

 ずいぶん昔、藤浦敦『三遊亭円朝の遺言』(新人物往来社、1996.7)で、六代目三遊亭円生が三遊亭円朝の名跡を継ぎたがっていたことを知り、とてつもない野心だと思った。
 しかし、円生について詳しくなればなるほど、円朝の名跡を継ぐなら円生しかいなかったのでは、と思うようになった。三遊亭円生ほどの咄家は不世出である。円生を育て上げた江戸・明治の名残のある時代環境が雲散霧消していることを考えると、円朝と円生の差は、今後あらわれてくるどんな咄家と円朝の差よりも小さいのではないか。
 
 ポッドキャスティングのお台場寄席に出た川柳川柳が三遊亭円丈について、「あいつは最近古典をやっている。円生の名跡を狙っているんだ」といって笑いをとっていた。
 川柳はもちろん冗談で言ったのだろうが、けっこう悪くないとじわじわ感じている。
 三遊亭円丈は新作落語の雄である。柳家金語楼いらいの落語芸術協会の咄家が得意とするような、古い落語の世界を今に移した新作落語ではなく、ドラマの世界を再現するかのようなまったく新しい落語を生み出した。
 円丈流の新作落語の薫陶をうけた、柳家喬太郎、春風亭昇太ら新作派の若手咄家たちは「円丈チルドレン」と自称している。
 八木忠栄『落語新時代』(新書館、2008.1)や雑誌『一個人』2008.5号でようやく円丈も評価されるようになったが、円丈の評価はこれからあがる一方でさがることはないはずである。
 円丈は、現代の新作落語のある系統に祖にあたり、その流れは時代が経つほどますます広がっていく。
 百年後に円丈が円朝ほどに評価されていることも充分ありうる。
 
 初代三遊亭円生は、三遊派の祖にあたり、現代につながる落語の最初期(寛政ごろ)からある由緒正しい名跡である。
 六代目(昭和の名人)の円生は(笑点の)円楽に継がせる気があったのだろうが落語協会からの脱退騒動を経て、円生と円楽は疎遠になってしまった。
 三遊亭円窓は、五代目円生(六代目の父)と六代目円生の前名である。よって、今の六代目円窓も円生を継ぐだけの資格があると、六代目円生は思っていたかもしれない。
 三遊亭円丈といえば、落語協会脱退騒動の暴露本『御乱心』を出し、その中で自分の心の中の円生は死んだと記したので、円生を継ぐことなどありえないだろう。
 それにしても、2008年でおおよそ、川柳77才、円楽75才、円窓68才、円丈64才である。円生の名も継がれることのないまま、弟子たちも相当歳をとってしまった観がある。
 無理は承知で、円丈が円生になったりしないかなと、夢想する。

 人間国宝の五代目柳家小さんを息子の三語楼がついで、六代目柳家小さんになったことについて、非難するひとはそれなりにいる。実力が重視される芸の世界で、血縁でなったことに対する嫌悪感があるのかもしれない。
 名跡というものは、あとの人がどんどん継げばいいと思う。たとえ、今の人がセコくても、先代はよかったと言われるだけで、価値がある。名跡そのものが忘れさられるよりはマシである。
 分不相応な襲名であっても、先代に近づこうと努力するきっかけとなり、結果として、先代に負けない名人になったという例は、歌舞伎を見るとよくある。
 名跡を継いだプレッシャーというものは、継いだ本人しか味わうことがない。芸を観る者は、プレッシャーによる精進の結果だけを楽しめるのだから、たいへん得といえよう。

追記(2008.6.27):円生の名跡は三遊亭鳳楽が継ぐことでおさまりそう。

私は名跡を次の人が継ぐことに積極的な態度です。堀井憲一郎『落語の国からのぞいてみれば』(講談社新書。2008.06)も同様な態度のようです。

|

« 口約束の世界に生きているので | トップページ | 箸をおとすほどでは »

コメント

 昔、なんとかいう名人(名前は忘れちゃいました、すごい有名な人です)が、「あたしらの世界は、ぞろっぺで、何代目、何代目とかいっても、セコなのがいると飛ばしちゃうんですよ」といってました。つまり、5代目が名人で、6代目があんまりよくない、そうすると、その6代目はいなかったことにして、7代目になるはずのが、6代目と称しちゃったりするらしいです。このいい加減さは落語っぽくていいですね。
 でも、今は、几帳面な時代ですから、そんなことは許されないかも知れません。

投稿: 傍らの人 | 2009年4月23日 (木) 10時09分

傍らの人さま

名跡の何代目のいい加減さで有名なのが、八代目の桂文楽でしょう。
六・七を飛ばして八代目を名乗っています。
wikipediaにいろいろと考察が書かれていますが、なにか複雑な事情があるようです。
傍らの人さまが引用されている話は八代目の文楽のような気もしますが。

上方では、初代桂春団治の前に桂春団治を名乗った人がいて、wikipediaに「先代」と称されています。私はたしか富士正晴が「ゼロ代目」とでも呼ぶべきと主張した(富士正晴『桂春団治』をざっと見返したのですがここではないようです)と書いてある本を読んだことがあります。

ブログを休んでいる間に、こぶ平が正蔵になって、一平が三平になりました。
筆にまかせて、「小さな名跡の大きな襲名」という題で、林家三平なんて、たいした咄家ではなかったのだから、一平は下手なふりをせずに自分の境地を開けという文章を書いたのですが、おそらく三平ファンの気を悪くするだろうと思ってお蔵入りにしています。

投稿: Iwademo | 2009年4月23日 (木) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/40998317

この記事へのトラックバック一覧です: 名跡あれこれ:

« 口約束の世界に生きているので | トップページ | 箸をおとすほどでは »