« 文楽2.0 | トップページ | 考えるFになる »

2007年4月22日 (日)

MLA

 推理小説家森博嗣に「MORI LOG ACADEMY」(以下MLAと略)という随筆がある。肝腎の推理小説は代表作『すべてがFになる』を読んだだけだが、MLAは最新巻の五集に至るまで全部揃えている。
 この人のことは、先崎学『先崎学の実況! 盤外戦』(講談社文庫、2006.5)で先崎学と対談したので知った。
 MLAはもともとがブログの連載記事であり、
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/index.php
で、読むことができる。
 だが、パソコンの前でじっくり読むより(毎日読んではいるが)、文庫本を気軽に持ち出して、ちょっと空いた時間に、頭の栄養を補給するのに適した内容である。
 バートランド・ラッセルは、自分の考えているようなことは、ウィトゲンシュタインがより巧妙になしとげてしまうので、生きる意欲が減退すると、愛人への手紙に書き記したという。私の考えているようなことも、森博嗣がよりエスプリのきいた文章で、形にしてしまうので、読んでいると、もうブログなど書かなくてもいいかと思ってしまう(手紙を送る愛人はいないが)。
 そういうわけで、意見が合致するHRや社会よりも、とてもじゃないが考えつかない、算数や理科の項が特に面白い。

|

« 文楽2.0 | トップページ | 考えるFになる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/14805280

この記事へのトラックバック一覧です: MLA:

« 文楽2.0 | トップページ | 考えるFになる »