« 凡例の大事 | トップページ | 一本指打法 »

2007年3月30日 (金)

無礼

 『ウルトラマン』第14話「真珠貝防衛指令」(1966年10月16日放送)には、銀座の場面があるが、車のクラクションの音がうるさい。
 生録音ではなく、あとでかぶせたものだろうが、アジアの発展途上国のようである。生にせよかぶせたにせよ、街中はそういうものだと思われていたことが観察として重要である。
 日本ではどのくらいから、車のクラクションをむやみに鳴らさなくなったか興味がある。1980年ごろには、今と変らなくなったのではないか。
 衣食足りて礼節を知る。「三丁目の夕日」の世界の住民が、平均して今よりも礼儀正しかったとはいえまい。むかしは、無礼に対する許容度が高かったので、無礼であっても、無礼でなかったと察している。
 昭和20~30年代の落語の会場録音を聞くと、赤ん坊の泣き声が入っているのがときおりあって驚く。今では、とんでもないことだが、赤ん坊を抱いて会場にはいることが許されていたのだろう。

|

« 凡例の大事 | トップページ | 一本指打法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/14455697

この記事へのトラックバック一覧です: 無礼:

« 凡例の大事 | トップページ | 一本指打法 »