« 偉い人の立場 | トップページ | コレクション »

2007年1月21日 (日)

ビデオあれこれ

 ビデオがない時代には、子ども向きの番組で細かくストーリーがつながっていくものは作れなかったはずである。
 戦隊ものなら、最初と真ん中(必殺技が効かなくなる。誰かが死ぬなど)と最後、以外は敵が出てきてそれを倒すというワンパターンである。
 子どもも忙しくいつもテレビの前に座れるとは限らないのだから当然である。
 Zガンダムのように、細かいストーリーがあって、しかも途中で敵味方が入れ替わったりしていると、見ない回が何度かあればあっという間にわけがわからなくなってしまう。
 そのころに比べると、テレビを見る方もなんとか録画媒体を使って見るだろうからと、作る方も凝ったことができるようになったのではないか。

 HDDレコーダーのように、どんな長さの番組でもきれいに録画しておいてくれる機械ができたのはありがたい。何時にどのテレビを見なくてはと、テレビにしばられる生活は不健康である。

 ちなみに私が最初にビデオデッキを購入したのは1993年になってから。質流れの中古家電を購入した。さっそくレンタルビデオ屋にいってビデオを借りた。AVは当然(?)借りたが、誰のを借りたのか記憶がない。AVといっしょにアラモを借りた。これははっきりと覚えている。同じ金額で借りるなら、長いビデオじゃないと損だと思ったからである。

|

« 偉い人の立場 | トップページ | コレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/13597503

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオあれこれ:

« 偉い人の立場 | トップページ | コレクション »