« 日本のワーテルロー | トップページ | 眉間は急所 »

2007年1月12日 (金)

投薬実験のアルバイト

 投薬実験のアルバイトを引き受けたことがある。
 金の困っている私を見かねて、芝居の知り合いのSさんが紹介してくれた。血圧を調節する薬らしかった。ときおり血を抜かれねばならなかったが、危険でなさそうなのでよろこんで応じた。二日ほどとまりっきりになるのだが、拘束されている時間ごとにお金が入るのでずいぶんな金になる。
 もともと、Sさんもさらに知り合いのYさんなる人物の紹介だそうで、聞かれたときにはYさんの名前を出すように言われていた。採血のさいに看護婦に、Yさんとどういうお知り合いと聞かれたさいに、いろいろありましてと答えると、フフと看護婦が笑った。
 健康かどうか調べる検診がなぜか産婦人科のクリニックであって、投薬実験に参加するもの一同でぞろぞろ産婦人科の待合いに入っていったのがおかしかった。待合いには見るからにやくざもんがわけありという感じの女を連れてきていたのだが、さすがに驚いただろう。
 肝心の投薬実験なのだが、私は受けていない。血液検査の結果、私の白血球の数に異常があるそうで、受けられなかったのである。Sさんには、お酒を飲み過ぎる人にはたまにそういう人がいるので気にしなくていいよと言われた。
 それでも、検査だけでも5000円はもらえたのではないだろうか。
 お金をもらった駅のすぐとなりの駅に、同じ学生劇団の女の子Tが住んでいたので(私の勘違いで実はとなり駅ではなかった)、呼び出して、一緒に駅前のそば屋でそばを食べた。
 「お品書きにあるそばがきってなんだろう。頼んでみようか」といったら、
 「知らないならやめときなよ、あんた」といわれた。
そばがきも知らなかった若い日の思い出である。

なお、Sさんとはいろいろ事情があって喧嘩別れしたのだが、投薬実験の会社?からは二度ほどお誘いがあった。金銭的な面で心引かれたが、Sさんとのこともあるので、下手なものを飲まされてはたまらないとひきうけなかった。

|

« 日本のワーテルロー | トップページ | 眉間は急所 »

コメント

投薬実験のアルバイトは、どこでやっているのですか?また、収入はどのくらいになるのか教えてください

投稿: しん | 2007年5月 6日 (日) 14時32分

しん様

十一年前だと思うので、記憶が曖昧なのですが、覚えている限りのことを書きます。

Sさんは私大の医学生でした。Yさんが何者なのか、よく知りません。
西武新宿線の鷺宮あたりの駅だったと思うのですが、どの駅だかはよく覚えていません。駅から近い平屋の建物に連れて行かれましたが、なにせ実際に投薬されていないこともあって、うろおぼえです。

時給は800~900円だったのですが、なにしろ拘束時間が24時間か、48時間だったかで、長いためけっこうな額になります。
ただし、ずっと部屋にいなければならず、何時間ごとに血を抜かれることになっていました。
Sさんにマイルドな投薬実験を頼んだので、こんなものでしたが、もっとハイリスクハイリターンの実験もあるのかもしれません。

それと、一回投薬実験を受けると、三ヶ月(だったかな)あいだが必要で、そう頻繁にはできないようでした。

お役に立てれば幸いです。

投稿: Iwademo | 2007年5月 8日 (火) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/13449587

この記事へのトラックバック一覧です: 投薬実験のアルバイト:

« 日本のワーテルロー | トップページ | 眉間は急所 »