« 投薬実験のアルバイト | トップページ | お産 »

2007年1月13日 (土)

眉間は急所

 学生のころ、喧嘩して酔って知り合いに殴られた。顔を殴られたのだが、幸い眉間で、目立つ外傷はまったくない。
 ほうっておいたのだが、何日たってもズキズキするので、下町の小さな病院に行った。いろいろな科がある病院だったのだが、小さな病院(多分、正式には医院かクリニックなのだろう)なので、奥に通されて診察台に寝かされると、それが出産に使う台(分娩台ですな)でおどろいた。もちろん、足のせに足は載せないが、すぐそこに銀のそれが見えている。
 古ぼけた手術室をみて、こんな殺伐としたところで、子どもを生むのは嫌だなと思った。
 年寄りの医者に眉間を殴られたというと、眉間は人間の急所だよ、と言われて妙に感心した。
 今なら、MRIがあるような病院に行くのだろうが、全然そんなことも考えずに行ったので、レントゲンも撮られずに終わった。薬をもらったかもしれないが、二度目は行っていない。治ったからではなく、面倒だったからである。

 ちなみに殴られた相手とは、仲直りしてそれなりに普通にやっていた。もっと怒った方がよかったのかもしれないが。
 

|

« 投薬実験のアルバイト | トップページ | お産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/13474135

この記事へのトラックバック一覧です: 眉間は急所:

» 無痛分娩 [無痛分娩]
無痛分娩の方法やメリットなど無痛分娩についての情報について掲載しています。無痛分娩とは、麻酔のちからをかりて、お産に伴う痛みを取り除こうとする分娩方法です。 [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 20時30分

« 投薬実験のアルバイト | トップページ | お産 »