« 携帯電話で連絡は | トップページ | すべてはやる気 »

2006年12月21日 (木)

電話応対

 悪徳商法への対策本を読んでいたときに、電話ではいちいち応対せずに、不要な電話だったら即切っても、何の故障もないことがわかって、以後そうしている。

 電話をとって、
 「はい」
 「わたくし、○○不動産の△△ですけれども、このたび……」
というやりとりがあるとして、
 「わたくし、○○不動産の△」
で、もう切ってしまう。
 
 電話をとっても、とりあえず黙っていて、相手に「□□さんですか」と先に口を切らせる手もある。
 が、これだと、「はい、そうです」と返事せねばならず、そのあとに電話を切るので、電話に関わっている時間が、わずかながら長くなる。
 「はい」と答えた段階で、切られる電話も少なくないのだが、心理的な痛手はほとんどない。

 不要な電話をすぐに切るのはなかなか快感である。私の家に、用があってかかる電話などほとんどないので、電話をとる時点で、すでに切るものと思っている。そのため、幼稚園の連絡網など必要な電話を、ときどき切ってしまいそうで危ない。

 なお、電話をとった際に「はい、□□ですけれども」と、受けた側が名乗るのが以前は普通だったが、いまは名乗らなくても無礼にあたらないと、NHKの番組で説明されていた。

|

« 携帯電話で連絡は | トップページ | すべてはやる気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/13154427

この記事へのトラックバック一覧です: 電話応対:

« 携帯電話で連絡は | トップページ | すべてはやる気 »