« 近距離のタクシー利用 | トップページ | 総額表示 »

2006年9月15日 (金)

雑誌の目次

 小学生のころから不思議に思っていることがある。雑誌の目次はなぜ冒頭にないのだろう。
 学術雑誌の目次は冒頭にある。内容を探すために、それが最善だからである。
 しかし、週刊誌、月刊誌など普通の雑誌では、目次は冒頭にない。広告がくるか、記事が来るか、カラー頁がくるか、なにかあって、目次である。
 目次を使って何かの記事を探そうというときに、不便このうえない。にもかかわらず、どうして目次は冒頭にないのか。
 ひと目をひく見返しや冒頭の何頁かは、広告にまわして利益をあげたい、そういった可能性が高い。
 私が、ずっと昔から疑っているのが、立ち読み防止である。目次がさっさとみられて、目的の記事がどこにあるのかすぐにわかるのなら、いちいち買わなくても、立ち読みしてそこだけ読めばすむからである。目的の記事が簡単に見つけられなければ、購入してじっくり探そうという気にもなる。

 村上春樹か福田和也かだれだかうろおぼえだが、週刊誌はあっという間に読み終わる、なぜなら読みたい記事しか読まないからと、述べていた。私はケチなので、かつては雑誌ならどんな記事でも目を通すようにしていたが、さいきんではつまらなそうな記事はまったく読まなくなり、週刊誌はあっという間の読書対象となった。
 実を言えば、週刊誌など読みたい記事だけさっさと立ち読みして済ませたい。それで、目次のことを考えたのである。
 

|

« 近距離のタクシー利用 | トップページ | 総額表示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/11901183

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌の目次:

« 近距離のタクシー利用 | トップページ | 総額表示 »