« かき氷の終わり | トップページ | イヤホン »

2006年9月27日 (水)

優勝旗のリボン

 ここのところ、廃墟ブームとやらで端島(軍艦島)が注目を浴びている。
 私は長崎出身だが、1973年の生まれなので、端島に行ったことはない(1974年1月15日の閉島なのだが、もし行ったとしても記憶に残っておるまい)。1981年に公共広告機構が行った資源問題キャンペーンのCMは強く印象に残っている。だが、実物は高島から眺めたことがあるぐらいである。まだ高島炭坑が閉山する前(1986.11以前)だったと思う。
 NHKのドラマ『深く潜れ~八犬伝2001~』で、ロケ地に使われたのは知っているが、ドラマ自体がいまひとつ私の趣味に合わなかったので、ほとんど記憶にない。

 私は西彼杵郡の中学校に通っていた。長崎の中体連は郡大会をまず勝ち抜かねばならない。
 中体連剣道の郡の優勝旗をみたときに、端島中学のリボンがかかっていた。昭和三十年代のものだったと思う。
 いま端島は長崎市に所属しているが(2005年より)、かつては西彼杵郡に所属していた。九州は剣道どころであって、どんな大会にせよ簡単に勝ち抜くことはできない。
 郡部の大会で勝ち抜けるだけの人材が集まっていたことに、往事の隆盛がしのばれた。私の端島の思い出は島そのものではなく、優勝旗にかかっていた色あせたリボンである。

|

« かき氷の終わり | トップページ | イヤホン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/12054787

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝旗のリボン:

« かき氷の終わり | トップページ | イヤホン »