« 寝床 その二 | トップページ | 停電4%引き »

2006年8月18日 (金)

不愉快の大小

 籐の敷物をつかっているので、先日、ちょっとしたトゲが足の裏に刺さった。ほんのわずかなトゲで、抜き取るほど先が出てもいないし、針でほじくるほども大きくない。経験上、二三日すれば勝手に出てしまうのだが、それでも歩くと時折気になる。
 ごくちいさなトゲが、とても大きな不愉快をもたらしている。

 日常生活でごく些細なことに腹が立って、それがいつまでも気になってならないことがある。そのたびに、それしきのことで気分を害している自分は、なんと小さい人間なのだと自己嫌悪に陥っていた。

 だが、足の裏にごくわずかなトゲが刺さっただけで大きな不愉快があるのならば、心にだって、小さなトゲがとても気になることがあるだろう。キズの大小は不愉快の大小と必ずしも比例しない。

|

« 寝床 その二 | トップページ | 停電4%引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/11489895

この記事へのトラックバック一覧です: 不愉快の大小:

« 寝床 その二 | トップページ | 停電4%引き »