« カタシ | トップページ | 集中力 »

2006年6月19日 (月)

カーテンコールの練習

 学園祭などで、素人のあつまりが芝居を打つのを、小屋付きとして眺めた経験が何度もある。素人のことなので、舞台稽古や演出などうまくいかず、とくにきっかけ合わせが進まないことが多い。
 面白いのは、いろいろと煮詰まってくると、カーテンコールの練習をしようという人間がかなり高い確率で出てくることである。
 小屋を借りて稽古やきっかけ合わせができる時間は限られている。やらなくてもいいカーテンコールの練習をすることで、本番に間に合わなくなるかもしれない。いっしょに小屋付きをしていて照明担当だったNさんは、そういうのを見ていつも優先順位を間違っているとぼやいていたし、実際にカーテンコールよりもきっかけ合わせをつめたらという忠告をしたこともあった。
 が、無駄は無駄とはいえ、気分として、カーテンコールの練習をしたくなる心情は以前よりわかる。この困難が切り抜けられて、すべてが無事終わるという気分が味わいたいのである。やりくちとしては愚かでも、素人のあつまりでやっている急造劇団なら、結束を再び強める効果はあっただろう。
 私も、書くべきもの、やるべきことが終わらないのに、送り状を先に書いたりすることが多い。ひとのことは笑えない。

|

« カタシ | トップページ | 集中力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/10586375

この記事へのトラックバック一覧です: カーテンコールの練習:

« カタシ | トップページ | 集中力 »