« アセロラドリンク | トップページ | カーテンコールの練習 »

2006年6月17日 (土)

カタシ

 私の知っている芝居関係者は、大道具をバラしたり、最後の片づけをすることをカタシということが多かった。
 学生劇団にいたころ、このカタシにこないのを、芝居の仲間だとは思っていなかった。公演の準備や本番のために、劇団員の誰だってかなり授業の出席日数を減らしていたのは事実である。本番が終われば、すぐに授業に出たい気持ちはよくわかる。
 しかし、芝居を打てば、かならずそのあと片づけをしなければならない。ものを食べたらかならずクソが出るように、カタシなしの芝居はない。芝居のいいところだけ、味わって、面倒なことは人任せとは都合の良い話である。
 また、芝居のできが悪かったとかで、ぐじぐじ泣き言をいって、バラシ(劇場からの撤収作業)を手伝わなかったり、カタシをさぼったりするのも言語道断である。すべてが終わるまでは、歯を食いしばってやるべきだろう。
 今は芝居と関わりがないが、カタシに類することはある。もう、他人のことはどうでもいいが、最低限の責任が果たせる人間でありたい。

|

« アセロラドリンク | トップページ | カーテンコールの練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/10556552

この記事へのトラックバック一覧です: カタシ:

« アセロラドリンク | トップページ | カーテンコールの練習 »