« なになに的 | トップページ | 殿・様 »

2006年5月 7日 (日)

鬼のように

 国文学者同士の会話では使われないが、芝居をしていたころは、ものごとの程度が甚だしいことを示すために、「鬼のように」という表現をよく使った。「今度の搬入は鬼のように大変だったよ」といった具合である。
 この「鬼のように」の語源について、おおむかし日芸でやった芝居に「鬼」というのがあって、それがものすごく大変だったから、「鬼のように」という形容が使われるようになったとは、知り合いの照明家Iさんの話だった。
 Iさんから聞いた話をもうひとつ。灯体のシューティング(向きや大きさをあわせる)が行われる際に、シーリング(天井のうち灯体が並べて設置できるところ)にいたある人にむかって、舞台にいた照明チーフが、「(灯体の)尻をふって(向きを変えてということ)」と言ったが、いっこうに変わる気配がない。逆光で目をこらしながらチーフがシーリングを覗いたところ、灯体をもった作業員が、自分の尻を振っていたそうである。

|

« なになに的 | トップページ | 殿・様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/9936557

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼のように:

« なになに的 | トップページ | 殿・様 »