« 愛猫家 | トップページ | 受け口 »

2006年4月 8日 (土)

紅茶にブランデー

 カフェイン断ちは3月10日から始めて、4月8日現在まで続いている。かわりにローズヒップティーとミントティーを飲んでいる。妻が妊娠中にカフェインの入った飲み物をとれなかったときに、一緒にハーブティーを飲んでいたのだが、ミントティーはそのころ飲まなかった。最近になって、ハーブティー詰め合わせを飲んでみたときに、以前よりもミントティーがおいしく感じられて、ミントティーを愛飲するようになった。
 ミントには気分を落ち着かせる効果があって、フリスクが煙のでないタバコと呼ばれているのは有名である。口に入れたときの感じはフリスクが強烈であるが、体に入れるミントティーの方が、効く気がする。
 うちでは、全くコーヒーや紅茶を飲まなくなったのだが、先月池袋で人に会う機会があって、そのとき入った喫茶店でアイスティーを注文したのが、カフェイン断ち唯一の例外である。オレンジジュースを頼んでもよかったのだが、甘いものを頼むのも、みっともないという見栄がはたらいてしまった。
 手元にきたアイスティーには、二つのガラスの小瓶がついていた。ひとつは透明なのでガムシロップである。もうひとつは、茶色で、ぱっと見、なにかわからない。手にとって、においを嗅ぐと、どうやらブランデーらしい。分量でいえば、親指の体積ぐらいで、においの感じでは、薄まっているのは間違いないが、どのくらい入れたらいいものか。
 もったいないという気持ちがはたらいたというのは口実で、お酒が好きなこともあって、全部入れてしまった。
 紅茶にブランデーの組み合わせがあることは知っていた。飲んでみると、香りが良くて、かなりイケる。
 とはいえ、カフェイン断ちをやめたとしても、うちでやらないほうが無難だろう。一さじのブランデーでとどまらず、ウーロンハイみたいになることが目に見えるからである。

|

« 愛猫家 | トップページ | 受け口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/9484820

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶にブランデー:

« 愛猫家 | トップページ | 受け口 »