« iPod買いたい | トップページ | 役に立つ文章 »

2006年3月18日 (土)

カギ括弧

 カギ括弧(「」)の役割といえば、引用がもっとも多くて他人の文章をひく場合や、会話文ではカギ括弧が使われる。
 強調は「」をつけることで、目立たせる役目を果たす。
 この二つが本来のカギ括弧の役割だが、それらとは別の使われ方がある。強調から派生した用法で、私が「いわゆるのカギ括弧」と呼んでいるものである。

A 彼はフェミニストである。
B 彼は「フェミニスト」である。

の二つの文章があったとする。Aの文章と比べて、Bの文章では、彼は本来の意味のフェミニストではないという意味合いがある。

それが彼にとっての「現実」だった。

といったように、本当ではないけれども、といったときにカギ括弧をつける。
 なぜ、こういったことを注意しておくかというと、いわゆるのカギ括弧が実際に何を言っているのかをきく問題が少なくないからである。
 試験問題でカギ括弧が出た場合にはいわゆるのカギ括弧でないか注意するように指導してきた。
 ここで、カギ括弧をどのような意図でつけるかが書き手に、はっきりしていなければならない。高校生に作文をさせると意味もなくカギ括弧をつける場合があって、そのようなときには注意している。
 大人でも、守れていない人は多い。私がみた顕著な例では、中西輝政『大英帝国衰亡史』(PHP文庫、2004.4)がある。癖なのか知らないがやたらめったらカギ括弧がついていて、しかもほとんど意味がない。カギ括弧の三つの働きから逸脱している。解説の人(手元にもうないので名前を失念しました)ですら、耐えかねたのかカギ括弧の多いことに苦言を呈していた。
 書き手として、いわゆるのカギ括弧は便利である。はっきり言わなくてもよいし、意味深な感じをだせる。論説文(学術論文を含む)の場合、いわゆるのカギ括弧を使うのは卑怯だが、使いたいという欲求に負けそうになるほど、いわゆるのカギ括弧は便利である。

|

« iPod買いたい | トップページ | 役に立つ文章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/9142193

この記事へのトラックバック一覧です: カギ括弧:

» 室内が一番 [夫婦の間のトラブル日記]
最近はいい天気が続いていますね☆ でも・・・悪夢の花粉の季節がやってきてますぅ。 まぁこういうときは外に出ないのが一番なんだけどね・・・。 でもどこか遊びには行きたいし。 だれか、室内につれていってくださいぃぃぃぃ♪ ... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 09時21分

« iPod買いたい | トップページ | 役に立つ文章 »