« 二日酔いと寝不足 | トップページ | パソコンの不調 »

2006年1月12日 (木)

寒い部屋

 私の書斎は北向きで、マンションでもあるため、夏場三十度をこす日でも、入った当初はひんやりとしている。これが冬になると、冷蔵庫のようになって、今年は例年より寒いせいか、室温計はここのところ五度から八度を指している。
 しっかりした暖房器具があればよいのだが、今使っているのはデロンギのオイルヒーターである。毎日使えば、月三千円ほどの電気代を食うわりに、暖かさといえば、輻射熱によるほのかな暖かさを感じるだけで、温度計の目盛は上がらない。火鉢とはこんなものではなかったかと思わせる程度である。
 私にとって、冬は一年のうちで、能率のもっとも高まる季節なのだが、もともと長崎育ちのため、寒さには強くない。例年は、Tシャツにトレーナーの重ね着でしのげたのだが、今年は無理で、羽毛のチョッキの上に外套を着てなんとかこの部屋にいる。部屋にいるのもパソコンを見るのも億劫になって、ブログも筆が進まない。
 芝居をやっていた頃は、Tシャツ・トレーナー・ウィンドブレーカーの三点で真冬の屋外でも平気だったのだが、代謝が落ちているのか、そんな時代があったことなど自分でも信じられない。デブは脂肪があるので、寒くないとか言われるが、脂肪の有無より、代謝能力が耐寒性には大きく関わると、私自身デブになって気づいた。
 かなり長い間、「いわでもの記」のレイアウトを灰色のもの(モノトーン)にしてきたが、見ていると寒さが増すようなので、もっと明るいものに変更することにした。今のは「山手線」というものである。目がちかちかするようなものに変えて申し訳ないが、感じはあたたかくなったと思う。

|

« 二日酔いと寝不足 | トップページ | パソコンの不調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/8120327

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い部屋:

« 二日酔いと寝不足 | トップページ | パソコンの不調 »