« ショートソックス | トップページ | PSPとDS »

2005年10月12日 (水)

使い続けることに

 もともと人に教えるのは苦手だった。塾でいきなり高校三年生を任されたのだが、下手だったので、最初の頃はずいぶんと私のクラスから生徒が転出した。最初の年は、けっきょく生徒に助けられる感じで最後までやりとげた。今でも、あのクラスの生徒は全員思い出せる(少なくなったしなぁ)。
 最初の年で馘首かと思ったが、聞くところによれば社長は「Yはよく頑張っている」と言っていたそうで、なんとか翌年度以降も雇ってもらえた。自分でまずまずと思えるようになったのは、四年目が終ってからである。
 「頑張っている」といえばよい評価のようだが、つきあいで観に行ったがつまらない芝居だったときに、相手にかける言葉が「頑張っているね」である。どんなにひどくても、頑張らないでできる芝居はないからだ。逆を言えば頑張ってもひどくなることがあるので怖いのだが。
 九十七敗した楽天の田尾監督が解任された。九十七敗とは、評論家が百敗するとした予想に近く、楽天の戦力から言うと妥当な結果である。一概に田尾に責任があるとは言えまい。野球やサッカーでは複数年契約しておきながら、途中解任されることが多いが、あれはなんなのだろう。福岡ダイエー・ホークスが1989年に出来てから、初優勝まで十年かかった。1995年に就任した王監督だって、巨人からダイエーに移ってきたとき、名監督というふれこみできたのではなかった。
 すぐに結果を出したい気持ちはわかるが使い続けることに意義ある。東北「楽天」ゴールデンイーグルスは意外と早くなくなるのではないかと思っている。

|

« ショートソックス | トップページ | PSPとDS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/6361815

この記事へのトラックバック一覧です: 使い続けることに:

« ショートソックス | トップページ | PSPとDS »