« 手紙を手書きで | トップページ | 消せるボールペン »

2005年10月27日 (木)

うろおぼえで

 一昨日、千葉ロッテマリーンズと阪神タイガースの日本シリーズ対戦成績が三対〇になったとき、高橋源一郎の『優雅で感傷的な日本野球』(河出書房新社、昭和63)から二つのエピソードを引用しようと思っていた。
 一つめは、タイガースルールといって、弱いタイガース(優勝した年以外の八十年代のことですよ)のために、外野フライでもヒットになるとか、などの救済ルールのこと。
 二つめは、大洋ホエールズの選手田代富雄(オバQだね)が、野球の神様に、「ロッテオリオンズ」「川崎球場を本拠地とするチーム」「水上善雄がいるチーム」に移ることを選べと言われること。
 さて、タイガースは一昨年(平成15)、そして今年(平成17)のセリーグの覇者である。
 九十年に水上善雄は広島へ移籍し、九十一年にロッテは千葉マリンスタジアムに移り、九十二年にチーム名が「マリーンズ」になった。
 この隔世の感から、先の引用を考えたのである。
 ところが、大学院の同級生だった巨人ファンMから四年ほど前にもらった河出文庫版『優雅で感傷的な日本野球』を読み直すと、そんな場面はどこにもないのである。うーん、高橋源一郎でも『ペンギン村に日は落ちて』(集英社、平成1)だったか、『さようなら、ギャングたち』(講談社、昭和57)だったか……。
 最近、論文を書いていて、複写は手元にないものの、「**は~~ということを言っている」として他者の本から言説を引用したのだが、注をつける段になって調べなおしたところ、私が記憶していたような内容は、その本には全くなかった。しょうがないので、言説の引用そのものを省いてしまった。
 このようなこともあって、うろおぼえが多いものだと、呆れている。

補記1、水上善雄さんは現在マスターリーグで活躍中のようです。さすがに現役時代の髪型ではないようです。なんと、ブログも書いていらっしゃって、少し読んだのですが、かなりいいことが書いてあります。

補記2、「マリーンズ」というのは、九十一年に週刊マガジンで連載が始まった「名門!第三野球部 飛翔篇」(要するにプロ篇です)の千葉の弱小球団「千葉マリンズ」(セリーグという設定でしたが)と、同じで(名称はロッテがあと決め)高校の同級生たちとおおいに受けたもんです。

補記3、昨日マリーンズがタイガースを破って日本一になりました。マリーンズおめでとう。ロッテファンで、もう十年以上も会っていない高校時代の同級生Eも喜んでいるでしょう。マリーンズの選手が三勝目の勝利インタビューで「阪神は近鉄より弱い」とか言っておけば、最終戦までもつれたかもしれません。

補記4、上記に関して。近鉄バファローズはもちろん平成十六年が最後です。「阪神は近鉄より弱い」は、平成元年の日本シリーズで、第三戦までに近鉄が三連勝した際、加藤哲郎投手が勝利インタビューで言った「巨人はロッテより弱い」(ロッテはその年パリーグ最下位でした)の洒落です。今、ネット検索にかけると加藤哲郎投手は、実際のところ、そのような発言をしておらず、インタビューを過激に意訳した新聞の見出しがそうだったため、暴言を吐いたと思われたそうです。いやぁマスコミって怖い。
 平成元年のシリーズをビデオに録って見ていた高校の同級生によれば(当時の日本シリーズは昼興行だったし、貧乏なうちにはビデオがなかった)、日本テレビのアナウンサーが加藤哲郎投手に無礼な質問をしたので、腹を立てた加藤投手がそういったとのこと。アンチ巨人ファンの同級生どうし、加藤投手の発言(とされたもの)には溜飲を下げたのですが……。

補記5、日本シリーズが昼興行だったころは、携帯ラジオをクラスのうちだれかが持ってきて、授業中こっそり経過を報告するのが(日本中?)当たり前だった。意気な先生がいて、授業をやめにして日本シリーズを一緒に聴いたこともあるが、今なら問題になるんだろうなぁ。

補記6、ケーブルテレビに加入しているので、プレーオフは第一戦から観てました。さすがに時間がないので、要所要所でテレビをつけて確認という形でしたが、ライオンズ戦、ホークス戦ともに熱戦ばかりで、久しぶりにプロ野球を堪能しました。埼玉に住んでいるのでライオンズを、長崎出身なのでホークスを応援していましたが、マリーンズの頑張りがまさったようです。
 日本シリーズは大差がついた試合もあったものの、有識者の解説によればちょっとしたことで、流れが変わってしまったことが何度もあったようです。点差は開いた試合でも、内容は接戦だったということでしょう。
 何にせよ、いいファンのいるチームが勝つことはいいことだと思います。

|

« 手紙を手書きで | トップページ | 消せるボールペン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/6648401

この記事へのトラックバック一覧です: うろおぼえで:

« 手紙を手書きで | トップページ | 消せるボールペン »