« 理想のインテリ | トップページ | 徹夜の記録 »

2005年9月16日 (金)

文章を書く楽しみ

 私にとって、文章を書く作業のうち一番好きなのは、手直しである。推敲して、あれこれ表現を変え、構成を変え、文章をいじっている時が最も面白い。お気づきの方もいるかもしれないが、過去に書いたブログ記事にもしょっちゅう手を入れている。論文も手直ししているのが楽しい。ただ、論文の場合はきりがないので、締め切り(ない場合は自分で作る)が来るとほっとする。
 本を買ったり、資料を集めたりするのも楽しい。しかし、買ってきた本や、複写してきた資料を読むのは、楽しいよりも、仕事というか真剣勝負であって、楽しさと同時にきつさを感じる。とはいえ、研究のほとんどは、何かを読むことで占められる。
 読んだ本を元に、文章の構想を練るのも楽しい。実際に書くのは、頭脳労働というより肉体労働である。これは単に指を動かしているからだけではない。頭の中にあるものを外に出すことに、「よっこらしょ」といった感覚を得るのである。
 

|

« 理想のインテリ | トップページ | 徹夜の記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/5963648

この記事へのトラックバック一覧です: 文章を書く楽しみ:

« 理想のインテリ | トップページ | 徹夜の記録 »