« 『THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~』 | トップページ | 音楽と著作権 »

2005年9月24日 (土)

あとをひかない

 私の先生(指導教員)は、今はそれほどでもないが、昔はしょっちゅう怒っていて、私も学部学生の頃からよく叱られたものだ。運がいいことに、先生は学生の顔や名前をあまり覚えていないなので、一度こっぴどく怒られても、その後会ったときに平然と話しかけてくるので随分と不思議なような、助かったような気がした。本当に以前のことを覚えていないのか疑問であったが、さすがに、こちらから以前叱られた○○ですがと、藪蛇なことは言えないので、そこはわからずじまいであった。
 私も教える側にまわって何年か経って、なぜ私の先生がしょっちゅう怒っていて、なおかつ後をひかないのかがわかった。簡単に言えば、罪を憎んで人を憎まないのである。生徒は基本的にいたらない人間なので、教育を受けているのであり、なにか悪いことをしでかすのは当然である。だが、教師がそれを見逃すと、行われた悪いことは、その生徒にとってやってもよいことになってしまうので、私は試合中のトルシエのようにガミガミと言い続けることになる。悪い行為を咎めるためにやっているので、言った通りに悪い行為(たとえば教室内にゴミを捨てるとか)をやめれば、それで満足なのであって、その生徒につらく当たり続けようなどといった面倒な気は起こらない。
 いまだに、先生には怒られることがあるので、そうだったんでしょうと聞くわけにはいかないが。

|

« 『THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~』 | トップページ | 音楽と著作権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/6087146

この記事へのトラックバック一覧です: あとをひかない:

« 『THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~』 | トップページ | 音楽と著作権 »