« ジュンク堂書店再び | トップページ | 見なければどうでしょう »

2005年8月31日 (水)

We Japanese

  英語で会話するときに”We Japanese”(われわれ日本人は)という言葉は絶対に使わないと、私が高校時代に英語を習っていたI先生は言った。日本人だって各個人はそれぞれバラバラの個性を持っているのに、それをひとからげにして、なおかつ自分がその代表のように喋る態度は許せないとのことだった。私は、その後英語で会話した時間を総計しても一時間に満たないこともあって、”We Japanese”などと生涯言ったことはないと、I先生に会ったら自信を持って言える。
 選挙公示前、民放のワイドショー番組の中で、候補者同士が討論したり、コメンテイターが候補者に質問したりすることが多かった。あるとき、コメンテイターが候補者に向って「われわれ有権者としてはね」と切り出して、自説を述べた。有権者といっても、その立場は千差万別である。背広を着て、ワイドショー番組に出て、自説を差し挟むことを職種とするのは、ひとにぎりの人間である。せめて「私は有権者なので、その立場からすると」と言えば良いものを。
 ばかばかしくなって、そのチャンネルを変えてしまった。

|

« ジュンク堂書店再び | トップページ | 見なければどうでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/5716405

この記事へのトラックバック一覧です: We Japanese:

« ジュンク堂書店再び | トップページ | 見なければどうでしょう »