« 黒ネクタイ | トップページ | エレベーターの位置 »

2005年8月24日 (水)

チケットの予約

 人気のあるお芝居とはいえ、何ヶ月も前から予定を決めて予約をしなければならないのは苦しいとは、勘三郎襲名公演と蜷川の十二夜のチケットをとった後輩の弁である。ほぼ決まり切った日常を送るとはいえ、予約した日がその後の予定に塗りつぶされないか、あるいは共に行く約束をした相手に別の用事が入ることがないか、難しい読みが必要になる。休日はやや安全とはいえ、チケットはかなりとりにくくなる。韓国は、前売りを買うという習慣がほとんどなく、当日になって券買う場合が多いという。前売りがあまりに早く始まるのは、観客にとって不都合でもあるが、いたしかたないことか。
 私が二十歳そこそこの頃、なんとなくだが、生きているのがつらくなって、死にたくはないけれど、死んでしまえたらいいのになぁという、若者にありがちな衝動にとりつかれていた。不意に自殺したい衝動に負けては駄目なので、何ヶ月か先の芝居の券を購入し、これを観ることを楽しみにそこまで生きていこうと思っていた時期があった。具体的に非常に効果があった。チケット予約が早いことの功罪があるとして、意外なところで、私にはよいこともあったのである。

|

« 黒ネクタイ | トップページ | エレベーターの位置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/5609153

この記事へのトラックバック一覧です: チケットの予約:

« 黒ネクタイ | トップページ | エレベーターの位置 »