« 某女子大での写真 | トップページ | 落書きよけ »

2005年8月21日 (日)

整列乗車

 東武東上線の急行は、到着後片側の扉が降り口専用となって乗客が全て降りてから、反対側の扉が開いて、ホームに並んで待っていた乗客達が乗ることになっている。あらかじめ降車側ホームにいて、そこから乗り込めばかならず座れるだろうが、やっている横着者は見たことがない。また、乗車側は三列に並んで整列乗車するのだが、列に並ばず横から割り込んで乗ろうとする者もいない。
 時折、横から割り込んで乗ろうと企んでいるのではないかとおぼしき人を見る。もし、割り込みを図っていたら、どのように処置しなければいけないのかを考えると、どきどきする。最低でもそれを見すごしてはならないはずである。では、口で注意するべきなのか、うしろからひっつかんでとめるのか、座ったところをとっちめるのか、いずれにしても大変である。幸い割り込みをする人は、私が見る限り皆無で、疑わしき面々は、きわいどいところで次の便のために整列する動きをするので、助かっているが、そのような場合が生じないかと、不安になるときもある。
 なお、長崎人ができないことの一つが整列乗車である。市電の乗り込みなどみると出鱈目に行われている。戦中・戦後の配給制度が行列・整列という習慣を都市市民に植え付けたので、地方都市の住人が行列・整列に弱いのはあたりまえということか。

|

« 某女子大での写真 | トップページ | 落書きよけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/5562093

この記事へのトラックバック一覧です: 整列乗車:

« 某女子大での写真 | トップページ | 落書きよけ »