« 原田知世の結婚 | トップページ | 目を見て話さないあるいは独り言 »

2005年6月 8日 (水)

映画『里見八犬伝』

 深作欣二監督作品の『里見八犬伝』だが、いろいろ毀誉褒貶はあるものの、豪華な役者陣や音楽など、それなりに楽しめる作品だと思う。ただ、薬師丸ひろ子と真田裕之とのラブシーンのぬるさは、日本映画史上屈指であろう。これより、ぬるいラブシーンのある映画はなかなかあるまい。さすがの深作欣二の手もアイドルの壁は越えられなかったのだろうか。
 また、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』で非難囂々だった鎌田敏夫が脚本を担当しているが、各場面は面白いものの、全体を通して観ると全く駄目という傾向は、『里見八犬伝』ですでに顕著である。

|

« 原田知世の結婚 | トップページ | 目を見て話さないあるいは独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103175/4461750

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『里見八犬伝』:

« 原田知世の結婚 | トップページ | 目を見て話さないあるいは独り言 »